丹上靖雄税理士事務所

丹上靖雄税理士事務所からのメッセージ

TKC全国会の基本理念である「自利トハ利他ヲイフ」は、仏教上の用語です。
自分の利益(ごりやく)は、他人の利益(ごりやく)です、という意味ですが、お客様のご利益(ごりやく、繁栄)が、私の事務所の利益(ごりやく、喜び)ですという解釈ができます。
別の解釈では「自利ト利他」というように、自利と利他を並列的に考える解釈のあります。確かに、自利を極端に考えない解釈は、「お腹を空かせた猛獣のために、自らの体を差し出すような仏教の寓話」も生み出します。
その点についてTKC全国会初代会長の飯塚毅は、講演で次のように話しています。
「私の事務所のお客様を訪問したときに、私が帰ろうとしたら、お客様が私を拝んでいる姿を何度か見たことがあるんだ。」
それほどまでに、お客様のために働いたということではないでしょうか。税理士業をサービス業と考えると、確かに見習うべきことであると思います。

サービスの特徴

K・F・S

K 計画支援
・最新の「TKC経営指標(BAST)」から同業種の優良企業データを抽出し、貴社データと比較して貴社の「強み」と「弱み」をつかみます。
・社長の夢を数字で表す中期経営計画と具体的な実行計画である単年度予算の策定を支援します。
・金融機関から提出を求められる経営改善計画や企業再生計画の策定を支援します。

 

F フォロー
・「会計で会社を強くする」という視点で、経営者の意思決定に役立つ情報を迅速に提供するために、TKCの自計化システムを活用して業績管理体制※の構築を支援します。
・経営改善計画策定後のフォローアップ(モニタリング支援等)を行います。
※業績管理体制とは、P:計画、D:実行、C:検証、A:改善行動のマネジメントサイクルの意味です。

 

S 証明力
次の3つを有効に活用し、決算書・税務申告書の信頼性向上を支援します。
・税務経営力を強化する「中小企業の会計に関する基本要領」(中小会計要領)
・記帳の適時性を客観的に証明する「記帳適時性証明書」
・税務申告書の品質を証明する税理士法第33条の2による「書面添付制度」

毎月一回のご訪問

当事務所では、FX2の導入を推奨しております。FX2はTKCの自計化システムです。
翌月には毎月訪問して(たとえば9月の試算表なら10月)、素早い月次決算を行います。TKCの巡回監査支援システムを活用して、ひとつひとつの処理を精査いたします。
FX2を導入なさらないお客様にも、翌月の訪問から一定の営業日内には、試算表をお届けし、素早く会社の状況をおしらせします。

会社案内

対応可能カテゴリ 税理士・会計士

事務所名

丹上靖雄税理士事務所

所長名

丹上靖雄

所在地

東京都 江戸川区篠崎町 2‐15‐25 ナンバーナイン301号室

電話番号

03-3676-1886

FAX番号

03-3676-4660

業務内容

・法人税・所得税・消費税の申告書、各種届出書の作成
・譲渡、贈与、相続の事前対策、申告書の作成
・税務調査の立会い
・その他税務判断に関する相談
・試算表、経営分析表の作成
・総勘定元帳の記帳代行
・決算書の作成 
・会計処理に関する相談
・経営計画、資金繰り計画の相談、指導
・各種書類の作成